スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同人ゲームレビュー 東方果物録~とうほうふるーつろっく~

2014年09月13日 21:52

今日のレビューは、ほわいとふれあさんの「東方果物録~とうほうふるーつろっく~」です。
東方果物録8
対戦型のパズルゲームで、
果物が採れまくる異変発生中の幻想郷をリリーホワイトが遊びに行くお話。たぶん。

東方果物録10
パズルのシステムは、同じ果物を縦か横に3つ以上並べると消える、いわゆる「とっ○え玉」方式。
マウス操作なので、非常に操作しやすく、とっつきやすい。
果物を消していくと、相手におじゃま○よ的な「だいこん」が降ってくる。
「だいこん」で画面が埋まったら負け。というゲームになっている。

東方果物録1
コンボ継続判定は1手動かした時に消せているかで判定するので、消すまでの時間を気にしたり、
コンボの仕込みをあらかじめ作っておく、などのテクニックも必要なし。
かなりお手軽に楽しめるつくりになっている。

消せるのが無くて困った時にはスペルカード。(上の画像の数字が書いてある札)
相手に大根を送り込む、なぜか増殖する毛玉を送り込む、自分の陣地のマスをある程度リセットする。
などなど。キャラクターごとに3種類のスペルカードが設定されている。
東方果物録2
個性豊かなスペルカードの中でも、最強と思われるスペルカードがこれ。
凍符「パーフェクトフリーズ」。なんと使われたあと7秒ほど、何も出来なくなる。
当然このあとぼっこぼこにされたのは言うまでもない。

東方果物録3
あばー!

ここからは個人的感想。
・お邪魔な存在である大根が、パッと見でわかりづらい。もっと別の何かの方がいいかも。
・コンボが続けやすく、なかなか爽快感がある。
・いまいち攻撃してる感覚、上手く行ってる感覚がわからず、何で勝ったのか負けたのか判らない。
・キャラごとにスペルカードの性能差が大きく、大ちゃん超便利。
・なんと通信対戦可能(心綺楼形式)。\すげえ/
・チュートリアル、チャレンジモードなどもあり、システムがわかりやすい。
・スペルカードですら、容赦なく大根に書き換えられ、溜め込めないのが残念。
・不利な状況になればなるほど、消せる果物が減り身動きがとれなくなる。
・つまり逆転が困難な為、序盤の動きが最重要となる。

東方果物録6
・消せる果物が多い状態を保つ。(大根や毛玉を出来るだけ早く消すようにする)
・スペルカード同士を入れ替えて強力な効果として発動させる。(Lv1と2を入れ替えると3の効果が出る)
この二つがコツだとは思うが、結局クリアまで勝利のコツは掴めず終いでした。
パズルゲームはそれなりに得意なつもりだったのに……ぐぬぬ。

こっちがどう行動すると、相手にどれだけ大根が送られるか、などの
具体的な対戦相手への攻撃方法がゲームの中で教えてもらえなかったのが残念でしたが、
システムの完成度はなかなか高く、パズルゲームとしては面白かったです。
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://operationjaguar.blog100.fc2.com/tb.php/278-cac01ace
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。