スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C82同人ゲームレビュー1 舞華蒼魔鏡

2012年08月17日 22:00

今日のレビューは、souvenir circ.さんの舞華蒼魔鏡です。
舞華蒼魔鏡008
紅霧異変再来?! 霊夢と魔理沙のいつもどおり?の異変解決が始まる。
東方同人ゲームでは珍しい横シューティング。
ちなみにフルボイスとなっています。

舞華蒼魔鏡007
操作キャラクターは霊夢魔理沙
通常ショット、低速移動、スペルカードと基本システムは原作準拠でわかりやすい。
低速移動時には、当たり判定も表示されます。

舞華蒼魔鏡005
舞華蒼魔鏡、独自のシステム、結界・弾幕渡り
一定時間、自分の周りに結界を張り、無敵になることができます。
また、この結界中に体当たりをすることで敵にダメージを与える弾幕渡りが行えます。
この弾幕渡り。結界中に吸収した敵の弾幕の数で威力があがり、
硬い中ボスなんかも一撃で倒せたりする優れもの。
時間経過で再び使えるようになるので、ガンガン使っていこう!

舞華蒼魔鏡003
と言いたいところだが、ステージ途中で出てくるリリーおよび、
ステージボスの面々は、この弾幕渡りでないと撃破できない仕様となっている。
温存するべきか、チャンスに使っていくべきか。
道中でピンチの時は、スペカのほうを使うと吉です。(理由は後述)
また、弾幕渡りができない状態で、結界ボタンを2回押すと、この放出結界が出せます。
[P]をいくらか消費して、周囲の弾幕を消すことができます。

舞華蒼魔鏡004
スペカ、弾幕渡り、放出結界と、システム面でかなり死ににくい作品となっており、
シューティングが苦手な人でも楽しめる作品となってます。
というよりも、システムを理解すればするほど、だんだんアクションゲームのような
感覚でプレイできて、非常に楽しかったです。

舞華蒼魔鏡009
原作同様、各ステージの最後にはボスが待ち受けます。
ボスの通常弾幕、スペカのトドメにはやはり弾幕渡りが必要となっており、
右下の敵体力と、こちらの弾幕渡りのゲージの見極めが重要となってきます。
また、被弾せず、スペカを使わずに、敵のスペルカードを突破することにより、
次のステージが特殊なステージになったりするので、がんばって弾幕渡りをキメましょう!

舞華蒼魔鏡002
いろいろな実績が解除されるのも、やりこみ勢には楽しい。
少しずつ、実績解除条件が見えるようになるので、目標にもしやすいですね。
全スペカ取得の実績は……私にはなかなか厳しい。

舞華蒼魔鏡010
実績解除により、キャラのモデルをぐりぐり動かして眺めることもできるように。
表情もかわいくて、すばらしい。ポーズ変更も可能。
ちょっとスカートの中を覗こうとすると、咲夜さんに怒られるので止めておきましょう。

動画を撮って来ました。

STGの腕前がたいした事ないのは気にしないでください。

舞華蒼魔鏡001
ここからは個人的な感想。
・表情豊かなキャラクターが非常に可愛い。
会話がすべてフルボイス、声優さんも上手。
・ワイドショットが弱すぎて、道中でも使いにくい。
・スペカ取得しないと途中で追い返されるため、自分のスペカがほとんど使えない。
・ボスの通常弾幕は弾幕渡りじゃなくても、倒せていいと思う。
・スペカでボス撃破ができないのもちょっと不満。
・弾幕の難易度はそれほど高くない。
・画面下から出てくる敵表示が、自分のパラメータウィンドウに隠れる時がある。
・画面下にいった際、敵ボスの体力も見えなくなるのが、地味に厄介だったり。
・ハードでもそれほど難しくならない。どんどん挑戦してみよう!
・フランちゃんに会いたいよぉ!

舞華蒼魔鏡006
プレイすればするほど、システムを理解すればするほど面白くなっていく。
モデルも可愛いし、声も不満なし。細かい不満点はあれど、かなりの良ゲー
STG好きにも、アクションゲーム好きにもお勧めの作品です!
書店委託はもうちょっと先らしいですが、委託されたら是非買ってみてくだされ!
スポンサーサイト


コメント

  1. 名無し@まとめいと | URL | -

    Re: C82同人ゲームレビュー1 舞華蒼魔鏡

    霊夢の声が紅魔城伝説と同じとは・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://operationjaguar.blog100.fc2.com/tb.php/266-16dde47d
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。